野良の覚書

シニアおばちゃんの日常雑記 まだまだ元気

ラーメンって、ほんとに塩分強いわと実感しました。

昨日、は午前中図書館に行った帰り道、ラーメン屋さんがありました。

私はラーメン屋カレーが好きで、時々むしょうに食べたくなります。
ラーメンは外食の中でも塩分が多く、減塩生活では大敵です。

ツレには「外食でもラーメンは避けるように、もし食べたくなったらスープは残すように」と言っています。
それでツレはラーメンを食べていないようです。
私も付き合って、しばらくラーメンは食べていません。

 

この時、むしょうにラーメンが食べたくなりました。
ツレにダメだししておいて、自分ばかりラーメンを食べるのはちょっと後ろめたいです。
でも、結局食欲に負け。「まあいいか」と店に入りました

カウンターに座って食券をだして、待つことしばし。
ラーメンがやってきました。
まずはレンゲでスープを人すくい。
「ん~、しょっぱい」

 

めちゃくちゃ塩辛く感じます。
スープは飲まず、麺と具をすくって食べるだけでも、塩気の強さを感じます。
水をゴクゴク飲みました。
食べ終わっても舌に塩辛さが残ります。

豚骨で、塩気の強いラーメンなのかなと思います。
短いけれど行列ができていたのでおいしい店なんだろうなと思います。
以前の私ならおいしいと感じた店かもしれません。
でも、今の私には塩辛くて、味が濃すぎます。

減塩生活も一か月をこえて薄味になれたということでしょう。
「確かにラーメンは塩分つよいわ」と実感したものでした。